行政書士の勉強法~行政法の場合~

行政書士の試験範囲の中でも特につまづきやすいのはどこでしょうか。
これは人によって答えが違いますが、やはり法令等科目のほうにあるのではないでしょうか? 
法令等科目の中でもとりわけ引っかかることが多いと考えられている、3科目について、 個別に説明していきたいと思います。

二つ目は行政法です。
行政法は、行政書士試験では出題される数がいちばん多く、いちばん大事な科目だといってもよいでしょう。

行政書士にとって重要な行政法の分類方法もひとつではありませんが、ここでは以下のように分けて説明します。

・行政法の理論
行政に関する法律は何種類もありますが、ここでは主に 行政組織法と行政作用法(行政手続と地方自治法を除外します)が範囲となります。
行政法に関する総合的な法理論を問う問題が中心となりますが、 どんな骨組みを持っている法体系なのか、そしてどんな用語が使われているのか、 そういった面を重視して勉強していけば行政書士試験でもうまく解答できるでしょう。
・行政手続法
条文を中心とした問題が以前は多かったのですが、他の法律と関連付けた問題も出されるようになっています。
とにかく大事なことは基本となる部分を落とさないことです。
過去問を読んで、どんな手続きに関して問題がよく出されているのかを確認してピンポイントで覚えましょう。
・行政不服審査法
「行政に不服を申し立てる」方法は3種類(異議申し立て・審査請求・再審査請求)があります。
その方法について条文をよく読んで、どんな手続きになっているのか体系的に覚えましょう。
・行政事件訴訟法
これも、行政不服審査法と同様に、どんな訴訟方法があるのかを条文から理解していく必要があります。
中でも取消訴訟がよく出題されていますから穴をつくらないように勉強しておきましょう。
・国家賠償法
この法律は条文が少ないのですが、条文から出題されることはめったにありません。
条文もよく理解してから、その上で判例をよく研究しておきましょう。
・地方自治法
残念なことに範囲が広いため、勉強するときは時間をかけたほうが無難です (憲法と似ている部分がありますから憲法と参照しながらやっていくとよいかもしれません)。
範囲が広いため、深く理解できなくてもとにかく幅広く学習するつもりで取り組んでいくべきでしょう。

行政書士にとって行政法は最重要の法律ともいえます。行政書士合格後も行政法は何かと大事ですから 「行政書士デビュー後の自分を支えてくれるのが行政法だ」と考えて、勉強してください。


>>受かりやすさを追求した行政書士の勉強方法