行政書士の勉強法~憲法の場合~

行政書士の試験範囲の中でも特につまづきやすいのはどこでしょうか。
これは人によって答えが違いますが、やはり法令等科目のほうにあるのではないでしょうか?
法令等科目の中でもとりわけ引っかかることが多いと考えられている、3科目について、 個別に説明していきたいと思います。

一つ目は憲法です。行政書士受験者にとって憲法は、知識を必須とする問題が中心ですが、 読解力や深く考えることを要求する問題も入ってきます。配点が多いことも無視できないですね。

行政書士試験の、憲法の問題は知識があれば正解を出せる問題が大半を占めています。
つまり勉強すれば勉強した分だけ、必ず正解を出していけるということですね。
中には難問も入ってくることがあります。非常に深く考えさせる問題が出てくることがあるのですが その手の問題はおそらくほとんどの受験者が正解できません。
短い試験時間の中で正解を出すには難しすぎるのです。その手の問題をなんとかすることを考えるよりも、 知識を暗記しておけば解ける問題を確実に取りこぼさないようにしたほうが無難ですね。

行政書士試験の憲法では、以下のような項目があります。

・基本的人権
基本的人権については、条文だけではなく判例からも出題されるため、 最高裁判所の有名な判例に目を通しておくべきでしょう。

・統治(国会・内閣・裁判所・財政・地方自治・天皇)
統治については、それぞれの内容ごとにどんな機能があるのかを理解しておきたいところです。
そのためには条文から読んでおくようにしたほうがよいと思われます (実際に、条文からの出題はかなり多い傾向があります)。
特に、「国会」、そして「内閣」「裁判所」は出題頻度がけっこう高いですから、 よく覚えて点数を稼げるようにしてほしいものです。

・総論(前文・憲法改正等)
結論については、条文を読んで理解するだけでもじゅうぶんに正解できるところですから きちんと対処しておきましょう。

今後行政書士試験の方針が変わって憲法の問題が減らされる可能性はありますが、それでも多く減ることは ないでしょう。行政書士では憲法は非常に大事な科目のひとつなのです。
「憲法がきちんとできるかどうかで、行政書士の合格は決まる」と断言する関係者もいるくらいです。
憲法についてはくれぐれも油断しないで、行政書士試験に備えましょう。


>>受かりやすさを追求した行政書士の勉強方法