行政書士に受かるための究極の勉強法とは?

行政書士はいつの間にか、(まだ一部での人気でしょうが)さささやかながらも注目を浴びる資格に成長しました。

行政書士の仕事の面白さや、成功している人たちの活躍ぶりについて、 最近はメディア(たとえばテレビやインターネットから、マンガや小説まで広汎なメディアでときおり 取り上げられていますね)が行政書士を特集する機会も出てきて、昔と違って行政書士がどんな資格なのか 知るチャンスが一般の間でも増えています。

行政書士になろうとする人が増えることは、おそらくよいことでしょう。
しかし行政書士の志願者が増えていくにつれて、どんな勉強法をすれば行政書士になれるのか、 その点が取り沙汰されるようにもなっています。
実際に、行政書士の勉強法がわからなくて悩んでいる人は多いでしょう。
行政書士の試験も簡単ではありません。むしろ高難度といってもいいすぎではありませんから むらのない勉強法を見つけて取り組んでいかないと行政書士の試験には受からないでしょう。

行政書士の勉強法の基本は何でしょうか。
第一には法律のスペシャリストになろうと努力すること、 そして第二には(憲法や行政法、民法や商法といった雑多な法律の理念を身につけていくのですから) 常に法的な思考方法を(日常生活から)実践していくことでしょう。
そしてもうひとつ忘れてはならないことがあります。第三には、どんな行政書士になるのかを計画しておくことです。

ただ行政書士になりたいと、合格のことばかり考えながら机に向かっていてもいい勉強法ができるとは思えません どんな行政書士になるのか目標を見据えるとそれだけで勉強法にはずみがつきますし 「法律をどう使っていくのか」それから「どれくらいまで理解度を深めればいいのか」といったことを 自然と意識できるようになります(ただやたらに教科書とにらめっこしていればいいというわけでもありません わからないところすべてを理解しようとしていても先へ進めないのです。
割り切った勉強もときには必要ですし、もちろん妥協してはいけない部分も同時にあります)。

このWebサイトでは、行政書士の勉強法を探している初学者のための情報を載せていますが、 ただなんとなく行政書士に受かろうとすることはおすすめできません、 目的意識をはっきりさせた上で行政書士の勉強法を体得してほしいと思いますし、 自分にどんな勉強法がふさわしいのかを考える、いい機会にしてほしいとも強く思っています。



行政書士の学習をさらに加速させるために
通信講座が有効ですが、その通信講座の比較やランキングが
紹介されております。
行政書士の通信講座の比較


>>受かりやすさを追求した行政書士の勉強方法